ふるさと納税でマイナポイントはもらえる?対象外のクレジットカードに注意!

マイナポイント ふるさと納税

2020年9月からスタートしたマイナポイント事業。マイナンバーカードを使って申し込みをすれば、登録したキャッシュレス決済の利用代金の25%が還元されるお得なキャンペーンになっています。

利用金額の上限は2万円となっていて、最大5,000円分のポイントをもらうことができるのですが、2万円分の支払いとなるとけっこう大きな買い物ですよね。

そこで、ふるさと納税の寄付もマイナポイントの対象にならないか?と考える人も多いようです。

しかし、事前に確認をしておかないと、ふるさと納税はポイント付与の対象外となる決済サービスもあるんです。ここでは、ふるさと納税でマイナポイントをもらう方法と各決済サービスについて詳しくお伝えしていきます。

ふるさと納税でマイナポイントはもらえる?

マイナポイント ふるさと納税

マイナポイントをもらうためには、キャッシュレス決済サービスと呼ばれる支払い方法を1人1つ選択し、事前に申し込みをしておく必要があります。

このキャッシュレス決済には、クレジットカード、電子マネー、QRコード決済などが対象になっています。

そのため、事前に申し込みをした決済サービスであれば、自治体への寄付である「ふるさと納税」への支払いであってもマイナポイント付与の対象になります。

ただし、一部のキャッシュレス決済やクレジットカード会社の中には、ふるさと納税への支払いがポイント付与の対象外になっていることがあります。

具体的に、どの決済サービスが対象外になるのか、ひとつずつ見ていきましょう。

楽天カード

楽天カードでは、ふるさと納税の支払いはマイナポイントの対象です。

2万円分のふるさと納税の支払いを楽天カードで行った場合、後日、5,000円分の楽天スーパーポイントが付与されます。

参考 楽天カード「マイナポイント」

イオンカード

イオンカードでは、ふるさと納税の支払いはマイナポイントの対象です。

2万円分のふるさと納税の支払いをイオンカードで行った場合、約2ヵ月後に受け取り手続きをすることで、5,000円分の電子マネーWAONがもらえます。

さらに、イオンカードでは特典として、最大2,000円分が上乗せされるキャンペーンを実施中です。そのため、合計7,000円分の電子マネーWAONをもらうことができます。

参考 イオン銀行「マイナポイント事業」

dカード・d払い

ドコモのクレジットカード・dカードでは、ふるさと納税の支払いはマイナポイントの対象です。

2万円分のふるさと納税の支払いをdカードで行った場合、後日、5,000円分のdポイントがもらえます。

また、ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」では、d払いでの決済が可能です。d払いについても、ふるさと納税の支払いでポイントがもらえます。

dカード・d払いのそれぞれで、ポイントの上乗せキャンペーンを実施しています。

参考 docomo(ドコモ)

オリコカード

オリコカードでは、ふるさと納税の支払いはマイナポイントの対象です。

2万円分のふるさと納税の支払いをオリコカードで行った場合、利用した翌月の20日頃に、5,000円分のオリコポイントがもらえます。

さらに、オリコカードでは毎月キャンペーンを実施しており、抽選で総勢777名に7,000オリコポイントが当たります。

参考 Orico(オリコ)

三井住友カード

三井住友カードでは、ふるさと納税の支払いはマイナポイントの対象です。

2万円分のふるさと納税の支払いを三井住友カードで行った場合、利用した翌月末頃に、5,000円分のVポイントがもらえます。

さらに、三井住友カードでは、抽選で100名に1万円相当のVポイントが当たるキャンペーンを実施中です。

参考 三井住友カード

au PAYカード

au PAYカードでは、ふるさと納税の支払いはマイナポイントの対象です。

2万円分のふるさと納税の支払いをau PAYカードで行った場合、後日、6,000円分のau PAY残高がもらえます。

さらに、au PAYカードでは最大1,000円分が上乗せされるキャンペーンを実施中です。そのため、合計6,000円分のau PAY残高をもらうことができます。

参考 au PAYカード

JCBカード

JCBカードは、マイナポイント事業に参加していません。

そのため、JCBカードをマイナポイントへ登録することができず、ふるさと納税の支払いをしてもポイントをもらうことはできません。

Yahoo!カード

Yahoo!カードは、マイナポイント事業に参加していません。

そのため、Yahoo!カードをマイナポイントへ登録することができず、ふるさと納税の支払いをしてもポイントをもらうことはできません。

セゾンカード

セゾンカードは、マイナポイント事業に参加していません。

そのため、セゾンカードをマイナポイントへ登録することができず、ふるさと納税の支払いをしてもポイントをもらうことはできません。

メルペイ

メルカリが提供するQRコード決済・メルペイでは、ふるさと納税の支払いはマイナポイントの対象です。

ポイント払い(売上金の利用も含む)、メルペイスマート払い、メルペイ残高払いがマイナポイント付与の対象となります。

2万円分のふるさと納税の支払いをメルペイで行った場合、後日、5,000円分のメルペイポイントがもらえます。

さらに、メルペイでは最大1,000円分が上乗せされるキャンペーンを実施中です。そのため、合計6,000円分のメルペイポイントをもらうことができます。また、抽選で最大1,000万円分のポイントが「総額1億ポイント山分けキャンペーン」も開催中です。

現時点では、ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」のみで、メルペイを利用した寄付が可能です。

参考 メルカリからのお知らせ

ふるさと納税でマイナポイントをもらおう!

マイナポイントを上限5,000円相当もらうためには、事前に登録したキャッシュレス決済サービスで2万円分のお買い物をする必要があります。

しかも、マイナポイントがもらえる期間は、2020年9月1日~2021年3月31日までと限られています。

でも、ふるさと納税なら、2万円分の寄付をするだけなので簡単です♪無駄な買い物をすることなく、お得にポイントをゲットすることができます。

効率良くマイナポイントをもらうためにも、クレジットカードとふるさと納税をうまく活用してみてくださいね。

▼関連記事はこちら

・マイナポイントに家族カードは紐付けできる?クレジットカード会社の対応まとめ

・マイナポイント子供の分を賢くもらう方法!おすすめ決済サービスは?

・ふるさと納税のおすすめ5000円でもらえるコスパ抜群の返礼品13つ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。